悟空さんのブログ

名古屋城木造天守閣模型を作る(72)

悟空さんのユーザアバター

三層の南面・北面の梁上部に破風の間を作ります。

図面からではどういう形をしているのかよくわかりませんが、「こんな感じかな?」と想像して作ってみます。

296.jpg

297.jpg

298.jpg

1ミリ厚の板を貼り合わせて破風の間を4つ作ります。

299.JPG

梁の上に接着します。

300.JPG

階段部分の板を貼り付け、横の壁も付けます。

301.JPG

こんな感じになりました。

302.JPG

階段の踏み板を2枚の細木で作ります。

303.jpg

踏み板を接着します。

304.JPG

破風屋根を乗せる軒桁部分を作ります。

305.JPG

こんな感じになります。

306.JPG

三層まで重ねて上から見たところ。

307.JPG

次は、四層の外壁を作ります。

308.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(71)

悟空さんのユーザアバター

三層の東面・西面の梁上部に破風の間を作ります。
ほぼ二層上面の南面・北面の破風の間と同じ形です。

291.jpg

破風の間部分の横木(屋根を支える母屋)をカットします。

292.JPG

破風の間を作ります。

293.JPG

破風の間を取り付けます。

294.JPG

階段を取り付けます。

295.JPG

次は南面と北面の破風の間を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(70)

悟空さんのユーザアバター

三層入側上部の梁を作ります。

3枚の板を貼り合わせ、梁を作ります。

282.JPG

梁を取り付けます。

283.JPG

壁から飛び出した部分を白く塗装します。

284.JPG

白く塗装した軒桁を乗せます。

285.JPG

屋根を支える母屋の支柱を取り付けます。

286.JPG

287.JPG

支柱の前後に3ミリ幅、厚さ1ミリの板を貼り付けます。

288.JPG

支柱と支柱の間の隙間を埋め、芯の飛び出した部分をカットし、サンドペーパーで仕上げます。

289.JPG

上から見た所。次は梁の上に破風の間を作っていきます。

290.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(69)

悟空さんのユーザアバター

三層の外壁を作ります。

梁の乗る箇所と窓を切り抜きます。
南面と北面の中央下部に破風の間への降り口を切り抜きます。
東面と西面は、裏の柱と横桟を貼り付けてから切り抜きます。

276.jpg

窓に格子を付けます。

277.jpg

裏面に柱を貼り付け、窓の上下に桟を貼り付けます。
東面と西面の破風の間への降り口を切り抜きます。

278.jpg

4面の壁が完成しました。

279.jpg

三層に外壁を貼り付けます。

280.jpg

二層の上に乗せたところ。

281.jpg

次は三層入側上部の梁を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(68)

悟空さんのユーザアバター

南面と北面の破風の間を作ります。

降り口の幅は狭いのですが、奥は広くなっています。

269.jpg

1ミリの板を貼り合わせ、2つ作ります。

270.jpg

破風の間を乗せる台座を取り付けます。

271.jpg

破風の間を乗せました。

272.jpg

三層から下りるための階段を作ります。

273.jpg

階段を取り付けました。

274.JPG

これで破風の間はとりあえず完成です。
棟木などは屋根を作る時に取り付けます。

275.jpg

次は三層の外壁を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(67)

悟空さんのユーザアバター

東面と西面の破風の間を作ります。

1ミリ厚の板を組み合わせて4つの破風の間を作ります。

255.jpg

破風の間の梁を作ります。
この梁の上には、棟木を支える柱を後で取り付けるのでホゾ穴を空けておきます。

256.jpg

破風の間の上に2本の梁を貼り付けます。
飛び出した部分をカットします。

257.jpg

258.jpg

屋根を支える横木を破風の間の幅だけカットします。

259.jpg

破風の間を乗せる横木を2本取り付けます。

260.jpg

破風の間の裏に下駄を履かせ、横木から少し上に乗るようにします。

261.jpg

破風の間を取り付けます。

262.jpg

横木の空いたままになっていた隙間を埋めます。

263.jpg

破風の間には梁の一部が飛び出していますので、それを表現します。
直径8ミリ、厚さ2ミリの板を貼り付けます。

264.jpg

三層の入側から下りてくるための階段を厚さ1ミリの板で作ります。

265.jpg

階段を取り付けます。

266.jpg

広さは実寸で幅3.8メートル、奥行き5メートル程度。十畳間より少し大きめです。

267.jpg

四つ配置しました。棟木などは屋根を作る時まで後回しにします。

268.JPG

次は南面と北面の破風の間を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(66)

悟空さんのユーザアバター

入側上部の梁の上に屋根を支える横木を渡します。

梁の上に支柱を立てます。

支柱は3ミリ角になるように、幅3ミリ、厚さ1ミリの板を3枚貼り合わせます。
支柱の芯になる板はホゾを作っておきます。
両側に貼る板は長さ10ミリと11ミリ、手前側に短い板を貼ります。

242.jpg

板に1.2ミリの穴を開け、ホゾの付いた芯材を立てます。その両側に10ミリと11ミリの板を接着します。

243.jpg

こういう形の支柱ができました。

244.jpg

245.jpg

梁の上に支柱を埋め込むホゾ穴を空けます。穴の直径は1.2ミリです。

246.jpg

支柱をホゾ穴に埋め込み、接着します。

247.jpg

支柱の芯材の両側に幅3ミリ、厚さ1ミリの板を接着します。

248.jpg

249.jpg

芯材の飛び出た部分をカットします。

250.jpg

支柱と支柱の間の隙間を埋めます。

251.jpg

サンドペーパーで整えて横木の完成です。

252.jpg

253.jpg

次は破風の間を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(65)

悟空さんのユーザアバター

入側の上に梁を取り付けます。

3つのパーツを貼り合わせ、角を落として丸太風にします。

237.JPG

梁が正しい位置に取り付けられるように小さな台座を柱に貼り付けます。

238.JPG

梁を取り付け終わりました。

239.JPG

一層の上に重ねたところ。

240.JPG

下から見上げたところです。白くペイントしてあります。

241.JPG

次は梁の上に横木を渡して屋根の支えを作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(64)

悟空さんのユーザアバター

出窓を作ります。

昭和実測図の東面・西面の出窓部分です。
赤く色づけした部分は跳ね上げ式の床です。
外敵を攻撃する時はこの板を跳ね上げ、鉄砲で攻撃します。
この部分を石落としとか落とし狭間と言います。

228.jpg

南面・北面の出窓部分です。

229.jpg

出窓を作り、格子を付けました。
東面・西面は出窓の幅が広く、格子は4本になります。

230.JPG

裏面です。

231.JPG

跳ね上げ式の床部分を貼り付けました。

232.JPG

二層の壁が完成しました。

233.JPG

裏面です。

234.JPG

入側から見た出窓部分です。

235.JPG

一層の上に重ねてみました。

236.JPG

これから、入側の上の梁を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(63)

悟空さんのユーザアバター

二層の外壁を作ります。

昭和実測図の二層平面図を見ていて気づきました。
前の軸組みモデルを作る時もしっかり見たはずなのに気づいていませんでした。

四隅と出窓の間には窓が二つずつ有ります。
しかし、西側の壁には窓が一つ足りません。

221.jpg

西側立面図を見ても、実際の写真を見ても、ここには二つの窓が有ります。

222.jpg

223.jpg

ここは立面図のとおりに作る事にします。

窓を切り抜き、格子を付けました。

224.JPG

裏面に柱を貼り付け、窓の上下に桟を付けます。
出窓への出入り口を切り抜きます。
東西の壁と南北の壁では出窓の大きさが違います。

225.JPG

表から見たところ。
これから出窓を作って貼り付けます。

226.JPG

コンテンツ配信