ブログ

投稿の仕方

サイト管理者さんのユーザアバター
neko01.JPG

「ブログ」にカーソルを移動し、「マイブログ」をクリックします。

 「新しいブログエントリの投稿」をクリックします。

 「タイトル」と「本文」を入力してください。

 本文ボックスの下に、

 「入力書式」
 「イメージ」
 「ファイルの添付」
 「保存」
 「プレビュー」

 と並んでいます。

 画像を添付する時は「ファイルの添付」をクリックし、「参照」で画像を選びます。「添付」をクリックし、「しばらくおまちください」が消えたら添付完了です。大きな画像だと添付できませんのでアップする前に縮小しておいてください。

 このブログに添付できる画像サイズは、460x800 ピクセル以下です。それを超えた画像は、

「許容された最大画像サイズ 460x800 ピクセルの範囲内に収まるよう、画像のサイズが変更されました」

 と表示され、縮小されて保存されます。

 ファイル名を特に表示しなければならない場合以外は、「リスト」のチェックをはずしてください。

 画像をどの位置に配置するかは、「イメージ」をクリックすると、表示モードが出ますので、選択してください。

 この猫の画像は、イメージの表示モード「左にフロート」で作って有ります。文章の上に画像が浮かんでいるようなイメージになります。「右にフロート」なら画像は右に表示されます。単なる「左寄せ」の場合は、まず画像が表示され、その下に文字が表示されます。画像の横に文字を持ってきたい場合は「フロート」を選んでください。ただし、画像の大きさが幅460ピクセル以上だと、文字を書くスペースがありません。

 画像を文章の上では無く、下に持ってきたい場合は「ボトム」を選んでください。
 「img:xx」は「もう一工夫」で説明します。
 
 なお、修正は、タイトルをクリックして「編集」をクリックします。文章以外にも添付ファイルの削除、新たな添付、イメージの位置選択など、新規に作る場合と同じ操作でできます。

 最後に「保存」をクリックするのをお忘れ無く。

もう一工夫

サイト管理者さんのユーザアバター

 写真と文章が1つしか無い、あるいは、1つの文章に数枚の写真と言う場合は簡単ですが、文章と写真を交互に掲載したいと言う場合は、ちょっと工夫が必要です。

 「イメージ」の「表示モード」の「img:xx」タグを使います。

img.jpg

 

 そして、

 文章1

 「img:1」

 のように書きます。1番目の文章の下にイメージ1番の写真が掲載されると言う事になります。
 

 文章2

 「img:2 align=left」
 「img:3 align=right」

 と書くと、2番目の文書の下にイメージ2番の写真が左寄せで、イメージ3番の写真が右寄せで掲載されます。
 
 ここでは第一カギで説明していますが、書く時は、半角小文字の角カッコを使います。キーボードの「Enter」キーの左に有るはずです。

 では、「img:xx」タグで作ったブログです。

 

 散歩道で友達になったコサギ君です。

 
 何も指定しないと文章のすぐ後に写真が表示されます。
 ちょっと字が小さいので、上のタイトル、「散歩道で友達になったコサギ君です。」を大きくしてみました。
 最初に<h3>、終わりに</h3>を付けます。
 ここでは全角文字で書いて有りますが、実際には半角小文字で書いてください。
 <h3> 散歩道で友達になったコサギ君です。</h3>と書きます。
 <h1>にすると、下のような感じになります。数字が小さくなるほど大きな文字になります。
 なお、<h3>では無く、<font size="5"></font>のような書き方も有ります。
 色を付けるのは、<font color="0000ff"></font>のようにします。簡単な説明は、インターネットのWebサイトなどをご覧ください。(色コード#0000ffで書きました)

 

散歩道で友達になったコサギ君です。

s1.jpg

 
 
 
 何も指定せずに書くと行間が狭い感じになります。ちょっと広げたい場合、全角のスペースをひとつ入れてください。2行目と3行目の間に1行スペースをいれました。次の写真との間は3行のスペースが入っています。(色コード#990000で書きました)

 

 獲物を真剣に狙っています。
 なかなかめぼしい獲物が見つかりません。

 待つこと、1時間。

 
 
 

s2.jpg

 
 

 
 文章と写真の間に何も指定しない場合です。
 文章のすぐ下に写真が表示されます。(色コード#ff0000で書きました)

 

  よし、今だ!

s3.jpg

 
 
 

 
 縦長の写真なので、左に表示の命令を使いました。「img:4 align=left」と書きます。
 (色コード#006699で書きました)


 

 ゲット\(^^)/

s4.jpg

 

 
 今度は、右に写真を表示してみました。なお、左右に表示できるのは、幅が460ドットより少ない場合です。460ドットより大きいと左右の指定の意味が無くなります。
 「逃がさんぞ」を写真の上に表示したかったので、文字の前にスペースを入れて調整しました。(色コード#006633で書きました)

  

             逃がさんぞ

s5.jpg

 
 
 

 うっ! 大きすぎて飲み込めない(T_T)

s6.jpg

名古屋城木造天守閣模型を作る(49)

悟空さんのユーザアバター

三層のエレベーターホールに中二階への階段を取り付けます。
階段を上りきると隣の部屋に出ます。

79.JPG

アクリル板を置き、四層への階段を取り付けます。

80.JPG

三層の階段の配置はこのようになります。

81.JPG

四層のこの位置に出ます。

82.JPG

四層の中二階への階段を作ります。
階段は板壁で覆われ、階段が有る事はわかりません。

83.JPG

四層の中二階はスタッフルームで関係者以外立ち入り禁止です。
階段へは板壁の扉を開けて入ります。

84.JPG

中二階のアクリル板を乗せ、枠を取り付けます。
これで令和エリアの階段は完成です。

85.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(48)

悟空さんのユーザアバター

二層、三層、四層は次の層までの高さが7メートルほど有るので中二階を作ります。
中二階の床は、下が見えるように少し色の付いた透明アクリル板を使います。
本当はもう少し色が付いていた方が良かったのですが、これしか入手できませんでした。

73.JPG

二層のエレベーターホールのこの位置に中二階への階段を取り付けます。

74.JPG

中二階の床になるアクリル板を置き、階段出口を枠で囲います。

75.JPG

中二階から三層への階段をこの位置に取り付けます。

76.JPG

反対側から見るとこんな感じ。
床が透明なので階段が宙に浮いているように見えます。

77.JPG

三層のこの位置が先ほどの階段の出口です。

78.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(47)

悟空さんのユーザアバター

階段を作ります。

江戸エリアの階段は昭和実測図が有るのでそのとおりに作りますが、令和エリアの階段は配置や形を考えて作らなければなりません。

8ミリ幅、厚さ3ミリと4ミリの板を切り出します。
令和エリアは厚さ3ミリ、江戸エリアは厚さ4ミリの板で作ります。
厚さ3ミリだと傾斜角40度ほど、厚さ4ミリだと傾斜角45度ほどになります。

66.JPG

まず令和エリアの階段を作ります。
8ミリ幅、3ミリ厚、長さ18ミリの板を4ミリずらして貼っていきます。

67.jpg

厚さ2ミリの板で挟みます。

68.jpg

地階へ降りる階段を作ります。地階は作らないので少し降りた所までです。
降り口の周囲に転落防止の柵を作ります。

69.jpg

二つの階段と柵を接着します。
令和エリアの一層から二層への階段と地階への階段ができました。
地階への階段が二層への階段の真下に来ないのは、地階が一層より少し狭くなっているためです。
右に見える開口部は江戸エリアなので、昭和実測図どおり開口部を最初に切り抜いて有ります。

70.JPG

71.JPG

二層のこの位置に上がってきます。
開口部は切り抜いて有りませんでしたので、階段を仮取り付けして位置を決定してから切り抜きます。

72.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(46)

悟空さんのユーザアバター

四層を作ります。
広さは96畳です。

55.jpg

三層までは5ミリ角の柱でしたが、四層と五層は4ミリ角の柱を立てます。
幅4ミリの角材を3枚貼り合わせるのですが、1ミリの芯材に片側は2ミリ厚、もう片側は1ミリ厚の板を貼り、厚みが4ミリになるようにします。

56.JPG

上が5ミリ角、下が4ミリ角の柱です。1ミリ違うだけでかなり華奢な感じになります。

57.JPG

四層の建築現場です。

58.JPG

間仕切りを貼り終え、鴨居も取り付けました。

59.JPG

四層も中二階を作ります。
受け木を取り付けたところで気づきました。
階下は引き戸が無い部分が有るので部屋の間を行き来できるのですが、中二階は全て間仕切りが有るので密室になります。
間仕切りを一部切り抜き、通行可能としました。

60.JPG

二層、三層も同様に一部間仕切りを切り抜きました。

61.JPG

次は五層です。
五層は令和エリアは有りません。

62.jpg

引き戸が全く無いのでシンプルな感じです。

63.JPG

狭く見えるのですが、各部屋12畳有ります。
フィギュアを置いて大きさがイメージできるようにしてみました。
大人は実寸に換算すると身長177センチ、子供は130センチほどです。

64.JPG

五層まで積み上げました。
言わなければピラミッド型ダンジョンを作っているのかと思われるでしょうね。

65.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(45)

悟空さんのユーザアバター

三層を作ります。
広さは160畳です。
黄色く塗られた部分が令和エリアです。

49.jpg

柱は64本立てます。
天井までの高さは実寸で7メートルほど有りますので、ここも中二階を作ります。

50.JPG

柱を立てます。

51.JPG

間仕切りを貼り終えました。

52.JPG

鴨居材を貼り付け、中二階用の受け木を貼り付けます。

53.JPG

三層まで積み上げてみました。

54.JPG

とりあえず三層の作成はここまでで、次は四層・五層の身舎を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(44)

悟空さんのユーザアバター

二層の身舎(母屋)を作ります。
部屋の広さは一層と同じで286畳です。
黄色に塗られた部分が令和エリアとなります。

42.jpg

二層の柱を作ります。
二層は天井までの高さが一層のほぼ2倍有ります。

43.JPG

柱を立て終えたら上部に飛び出した芯材を切り落とします。

44.JPG

鴨居材を片側だけ貼り付けます。

45.JPG

間仕切りを貼り付け、鴨居材のもう片側を貼り付けます。

46.JPG

二層は天井までの高さが実寸で6メートル以上有りますので、令和部分は中二階を作ります。
3ミリ角の角材の受け木を4センチ程度の高さの所に貼り付けます。ここに透明アクリル板を乗せて中二階の床とします。
各階の高さは2.8メートル程度になります。

47.JPG

一層の上に重ねてみました。

48.JPG

とりあえず二層の作成はここまでで、次は三層の身舎(母屋)を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(43)

悟空さんのユーザアバター

柱のへこんだ部分に鴨居を取り付けます。
まず鴨居材2枚のうち1枚を貼り付けます。

28.JPG

もう1枚も長さを調節して作っておきます。まだ接着はせず取り外しておきます。

29.jpg

間仕切り材を切り出します。
幅20ミリ、厚さ1ミリのヒノキ材と幅2ミリ、厚さ1ミリのヒノキ材を使います。
長い方は敷居から梁までの長さより1ミリ長く、短い方は鴨居下端から梁までの長さから1ミリ短く作ります。

30.JPG

柱と柱の間は21ミリ有るので、20ミリ幅では足りません。
20ミリ幅のヒノキ材に2ミリ幅のヒノキ材を接着し、幅22ミリの板を作ります。

31.jpg

柱と柱の間は21ミリですが、微妙にサイズが違いますので、板を少しずつ削りながら隙間のできないように貼り付けます。
長い方の板は敷居の溝にはめ込み鴨居材の方に倒し、接着します。

32.JPG

外しておいたもう片方の鴨居材を取り付けてみました。
鴨居の下はこのままでは引き戸の雰囲気が出ませんので引き戸を作ります。

33.JPG

幅10ミリ、厚さ1ミリの板を25ミリの長さに切り出します。
立体感を出すために木端をウエザリングマスターのススで汚します。

34.JPG

引き戸部分の右側に貼り付けます。

35.JPG

一面が完成しました。

36.JPG

全面完成。

37.JPG

図面の黄色に塗られた部分が令和エリアです。
綠色に塗られた部分は締め切られた引き戸で江戸エリアとの通行はできません。
紫色の箇所だけ引き戸が無く、通行が可能となっています。

38.jpg

作っていてドラゴンクエストを思い出しました。
城やダンジョンでは隣の部屋が見えているのに簡単には行く事ができません。
大きさがイメージできるようにフィギュアを置いてみました。

39.JPG

40.JPG

大人の男性のフィギュアは21.6ミリで、実寸に換算すると身長177センチです。

41.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(42)

悟空さんのユーザアバター

一層の柱を立てます。

まず、作業台とスペーサーを作ります。
写真左が作業台。4ミリ幅、厚さ1ミリの板を5ミリ角の角材で挟んで有ります。
中央に幅1ミリ、深さ1ミリの溝ができます。
写真右が鴨居材を貼り付ける時の溝を作るスペーサーです。
4ミリ幅、1ミリ厚の板を4ミリ角の角材で挟みます。

18.jpg

作業台に柱の芯材を立てます。
芯材の両側に5ミリ幅、2ミリ厚、長さ25ミリの角材を両側に貼り付けます。
この25ミリは引き戸の高さで1層から5層まで共通です。

19.jpg

接着が完了したら作業台から抜きます。基部の飛び出た部分がホゾになります。
芯材をスペーサーで挟み、長さ13ミリの角材を両側に貼り付けます。

20.jpg

スペーサーを取り外して1本完成。
このへこんだ部分には写真右のように鴨居材を両側から貼り付けます。

21.jpg

1層分、92本の柱が完成しました。

22.JPG

取り外しておいた梁のホゾ穴に柱の芯材を通します。

23.JPG

柱の基部のホゾを床のホゾ穴にはめ込み、接着します。
柱上部と梁は少し離しておきます。

24.JPG

柱上部の芯材に接着剤を付け、梁を降ろします。

25.JPG

梁が浮き上がらないように重しを乗せ、接着が完了するまで待ちます。

26.JPG

接着が完了したら、飛び出た芯材をカットします。
この後、鴨居材を貼り付け、間仕切りを作ります。

27.JPG

コンテンツ配信