ブログ

投稿の仕方

サイト管理者さんのユーザアバター
neko01.JPG

「ブログ」にカーソルを移動し、「マイブログ」をクリックします。

 「新しいブログエントリの投稿」をクリックします。

 「タイトル」と「本文」を入力してください。

 本文ボックスの下に、

 「入力書式」
 「イメージ」
 「ファイルの添付」
 「保存」
 「プレビュー」

 と並んでいます。

 画像を添付する時は「ファイルの添付」をクリックし、「参照」で画像を選びます。「添付」をクリックし、「しばらくおまちください」が消えたら添付完了です。大きな画像だと添付できませんのでアップする前に縮小しておいてください。

 このブログに添付できる画像サイズは、460x800 ピクセル以下です。それを超えた画像は、

「許容された最大画像サイズ 460x800 ピクセルの範囲内に収まるよう、画像のサイズが変更されました」

 と表示され、縮小されて保存されます。

 ファイル名を特に表示しなければならない場合以外は、「リスト」のチェックをはずしてください。

 画像をどの位置に配置するかは、「イメージ」をクリックすると、表示モードが出ますので、選択してください。

 この猫の画像は、イメージの表示モード「左にフロート」で作って有ります。文章の上に画像が浮かんでいるようなイメージになります。「右にフロート」なら画像は右に表示されます。単なる「左寄せ」の場合は、まず画像が表示され、その下に文字が表示されます。画像の横に文字を持ってきたい場合は「フロート」を選んでください。ただし、画像の大きさが幅460ピクセル以上だと、文字を書くスペースがありません。

 画像を文章の上では無く、下に持ってきたい場合は「ボトム」を選んでください。
 「img:xx」は「もう一工夫」で説明します。
 
 なお、修正は、タイトルをクリックして「編集」をクリックします。文章以外にも添付ファイルの削除、新たな添付、イメージの位置選択など、新規に作る場合と同じ操作でできます。

 最後に「保存」をクリックするのをお忘れ無く。

もう一工夫

サイト管理者さんのユーザアバター

 写真と文章が1つしか無い、あるいは、1つの文章に数枚の写真と言う場合は簡単ですが、文章と写真を交互に掲載したいと言う場合は、ちょっと工夫が必要です。

 「イメージ」の「表示モード」の「img:xx」タグを使います。

img.jpg

 

 そして、

 文章1

 「img:1」

 のように書きます。1番目の文章の下にイメージ1番の写真が掲載されると言う事になります。
 

 文章2

 「img:2 align=left」
 「img:3 align=right」

 と書くと、2番目の文書の下にイメージ2番の写真が左寄せで、イメージ3番の写真が右寄せで掲載されます。
 
 ここでは第一カギで説明していますが、書く時は、半角小文字の角カッコを使います。キーボードの「Enter」キーの左に有るはずです。

 では、「img:xx」タグで作ったブログです。

 

 散歩道で友達になったコサギ君です。

 
 何も指定しないと文章のすぐ後に写真が表示されます。
 ちょっと字が小さいので、上のタイトル、「散歩道で友達になったコサギ君です。」を大きくしてみました。
 最初に<h3>、終わりに</h3>を付けます。
 ここでは全角文字で書いて有りますが、実際には半角小文字で書いてください。
 <h3> 散歩道で友達になったコサギ君です。</h3>と書きます。
 <h1>にすると、下のような感じになります。数字が小さくなるほど大きな文字になります。
 なお、<h3>では無く、<font size="5"></font>のような書き方も有ります。
 色を付けるのは、<font color="0000ff"></font>のようにします。簡単な説明は、インターネットのWebサイトなどをご覧ください。(色コード#0000ffで書きました)

 

散歩道で友達になったコサギ君です。

s1.jpg

 
 
 
 何も指定せずに書くと行間が狭い感じになります。ちょっと広げたい場合、全角のスペースをひとつ入れてください。2行目と3行目の間に1行スペースをいれました。次の写真との間は3行のスペースが入っています。(色コード#990000で書きました)

 

 獲物を真剣に狙っています。
 なかなかめぼしい獲物が見つかりません。

 待つこと、1時間。

 
 
 

s2.jpg

 
 

 
 文章と写真の間に何も指定しない場合です。
 文章のすぐ下に写真が表示されます。(色コード#ff0000で書きました)

 

  よし、今だ!

s3.jpg

 
 
 

 
 縦長の写真なので、左に表示の命令を使いました。「img:4 align=left」と書きます。
 (色コード#006699で書きました)


 

 ゲット\(^^)/

s4.jpg

 

 
 今度は、右に写真を表示してみました。なお、左右に表示できるのは、幅が460ドットより少ない場合です。460ドットより大きいと左右の指定の意味が無くなります。
 「逃がさんぞ」を写真の上に表示したかったので、文字の前にスペースを入れて調整しました。(色コード#006633で書きました)

  

             逃がさんぞ

s5.jpg

 
 
 

 うっ! 大きすぎて飲み込めない(T_T)

s6.jpg

名古屋城木造天守閣模型を作る(66)

悟空さんのユーザアバター

入側上部の梁の上に屋根を支える横木を渡します。

梁の上に支柱を立てます。

支柱は3ミリ角になるように、幅3ミリ、厚さ1ミリの板を3枚貼り合わせます。
支柱の芯になる板はホゾを作っておきます。
両側に貼る板は長さ10ミリと11ミリ、手前側に短い板を貼ります。

242.jpg

板に1.2ミリの穴を開け、ホゾの付いた芯材を立てます。その両側に10ミリと11ミリの板を接着します。

243.jpg

こういう形の支柱ができました。

244.jpg

245.jpg

梁の上に支柱を埋め込むホゾ穴を空けます。穴の直径は1.2ミリです。

246.jpg

支柱をホゾ穴に埋め込み、接着します。

247.jpg

支柱の芯材の両側に幅3ミリ、厚さ1ミリの板を接着します。

248.jpg

249.jpg

芯材の飛び出た部分をカットします。

250.jpg

支柱と支柱の間の隙間を埋めます。

251.jpg

サンドペーパーで整えて横木の完成です。

252.jpg

253.jpg

次は破風の間を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(65)

悟空さんのユーザアバター

入側の上に梁を取り付けます。

3つのパーツを貼り合わせ、角を落として丸太風にします。

237.JPG

梁が正しい位置に取り付けられるように小さな台座を柱に貼り付けます。

238.JPG

梁を取り付け終わりました。

239.JPG

一層の上に重ねたところ。

240.JPG

下から見上げたところです。白くペイントしてあります。

241.JPG

次は梁の上に横木を渡して屋根の支えを作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(64)

悟空さんのユーザアバター

出窓を作ります。

これは、消失前の出窓の写真です。

227.jpg

昭和実測図の東面・西面の出窓部分です。
赤く色づけした部分は跳ね上げ式の床です。
外敵を攻撃する時はこの板を跳ね上げ、鉄砲で攻撃します。
この部分を石落としとか落とし狭間と言います。

228.jpg

南面・北面の出窓部分です。

229.jpg

出窓を作り、格子を付けました。
東面・西面は窓の幅が広く、格子は4本になります。

230.JPG

裏面です。

231.JPG

跳ね上げ式の床部分を貼り付けました。

232.JPG

二層の壁が完成しました。

233.JPG

裏面です。

234.JPG

入側から見た出窓部分です。

235.JPG

一層の上に重ねてみました。

236.JPG

これから、入側の上の梁を作ります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(63)

悟空さんのユーザアバター

二層の外壁を作ります。

昭和実測図の二層平面図を見ていて気づきました。
前の軸組みモデルを作る時もしっかり見たはずなのに気づいていませんでした。

四隅と出窓の間には窓が二つずつ有ります。
しかし、西側の壁には窓が一つ足りません。

221.jpg

西側立面図を見ても、実際の写真を見ても、ここには二つの窓が有ります。

222.jpg

223.jpg

ここは立面図のとおりに作る事にします。

窓を切り抜き、格子を付けました。

224.JPG

裏面に柱を貼り付け、窓の上下に桟を付けます。
出窓への出入り口を切り抜きます。
東西の壁と南北の壁では出窓の大きさが違います。

225.JPG

表から見たところ。
これから出窓を作って貼り付けます。

226.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(62)

悟空さんのユーザアバター

入側の上に梁を貼り付けました。

214.JPG

近くのショッピングセンターで名古屋城の模型が巡回展示されていたので見てきました。

215.jpg

これは、名古屋市が長谷川模型に委託して制作した名古屋城天守の木造復元模型です。
屋根や石垣は樹脂でできているようです。多分シャチホコや金具は3Dプリンターで作られていると思われます。
100分の1スケールで、高さは約60センチ、全体の4分の1は木組みで、非常に精巧にできています。制作費は880万円だそうです。
東京でも宮内庁が江戸城天守の復元模型を作って皇居東御苑の本丸地区で公開しています。
30分の1スケールで、高さは約2メートル。飾りなどは3Dプリンターで作られています。
こちらの制作費は5000万円で、模型を展示するための建物に5000万円かかっていて計1億円だそうです。

216.jpg

名古屋城天守の模型を見ていて発見しました。
一層床から飛び出ている梁ですが、角の部分は横幅が長くなっています。

217.jpg

昭和実測図で確認したところ、たしかにここだけ太い梁が使われています。
図面の赤い部分です。他の梁は綠色で示しました。

218.jpg

四隅の梁を剥がし、太めの梁を接着しました。

219.JPG

軒桁を付けます。
二層の出窓の下の部分は少し飛び出ています。

220.JPG

これで屋根を乗せる準備が整いましたが、屋根は後回しで二層の外壁を作っていきます。

名古屋城木造天守閣模型を作る(61)

悟空さんのユーザアバター

隠し狭間の三角マークを鉛筆で書いたのはどうも不自然だったので消し去り、木の薄板で作った三角板を貼り付ける事にしました。

199.JPG

こんな感じになりました。

200.JPG

一層の床下の梁は写真のように外壁から少し飛び出しています。

201.jpg

厚さ2ミリの板を5ミリ角に切り出し、上辺に当たる部分を斜めにカットし、白色に着色します。

202.JPG

外壁の下部に接着します。

203.JPG

東面と南面に地下への採光のための明かり取り窓が有ります。
写真の左側の窓は板が上に引き上げられて地下への開口部が見えますが、模型では地下を作っていないので板が引き下げられた状態のものを作ります。

204.jpg

東面に2枚、南面に1枚作りました。

205.JPG

東面に貼り付けました。

206.JPG

南面に貼り付けました。

207.JPG

昭和実測図一層床面に有る四角(赤色で示した部分)は何だろうと思っていましたが、大黒柱でした。

208.jpg

6ミリ角の柱を立てます。この柱は地下の床から立ち上がっている通し柱です。一層上部の太い梁を支えています。

209.JPG

入側(武者走りとも呼ばれる)の上部の梁を作ります。
この梁は外壁から飛び出し、先端に屋根を支える軒桁が乗ります。
赤い部分は長さ9ミリ、青い部分は長さ15ミリです。
青い部分の上には二層の出窓が乗ります。
綠色の部分が軒桁です。

210.jpg

これが実際の飛び出した梁と軒桁です。
影になって色が付いているように見えますが、白色に塗装されています。

211.jpg

梁を作ります。
壁から飛び出す部分に厚さ2ミリ、長さ9ミリの板を貼ります。
角を削って丸太に近くします。

212.JPG

長い方の梁は9ミリの板を貼り付けた上に15ミリの板を貼り付けます。
これが出窓下の梁になります。

213.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(60)

悟空さんのユーザアバター

外壁の内側を作っていきます。

幅5ミリ、厚さ1ミリの板を上部切り込みの下に接着します。
この板は壁から露出している柱の一部です。

185.JPG

窓の上と下に横桟を付けます。

186.JPG

南面の壁に出っ張りが有ります。
これは、城門の庇のように見えますが、石落としです。

187.jpg

厚さ2ミリの板をこのように削り出します。

188.JPG

厚さ1ミリのスチレンボードの両端に接着します。

189.JPG

壁の外側は漆喰が塗られているので白色ですが、内側は木材ですので、木の色に着色したスチレンボードを接着します。

190.JPG

壁の外側に接着します。木の部分は白色に塗装してあります。

191.JPG

内側はこのようになっています。

192.JPG

四面完成しました。

193.JPG

これは、消失前の写真です。
三角形のマークが有りますが、これは狭間(さま)です。
名古屋城の天守は、狭間の外側は漆喰で埋められていて、狭間が有る事がわからない隠し狭間になっています。
狭間には蓋が付いていて、敵が攻めてきた時には蓋を外し、漆喰を打ち抜きます。写真では右側に見える狭間は蓋が取って有ります。

194.jpg

狭間の有る箇所に鉛筆で三角マークを書きます。

195.JPG

一層の狭間は56カ所有ります。

196.JPG

外壁を接着しました。

197.JPG

内側から見た所。

198.JPG

上部の切り込みは梁が通る所です。
これから梁を制作します。

名古屋城木造天守閣模型を作る(59)

悟空さんのユーザアバター

一層の外壁を作ります。

昭和実測図から採寸して窓を開けます。

175.JPG

外壁と身舎は梁でつなぎます。
梁の通る部分に切り込みを入れます。

176.JPG

カッターナイフで窓を切り抜きます。
窓の大きさは縦15ミリ、横10ミリです。

177.JPG

178.JPG

窓には格子を取り付けます。
幅2ミリ、厚さ1ミリの板を窓の高さより1ミリ長く切り出します。
オイルステインに浸して焦げ茶色に着色します。

179.JPG

格子を壁の裏側から取り付けます。
まず上辺を窓の上部に当て、下辺をこじ入れます。
下辺はこじ入れた事により少し壊れますが、窓の上部、下部には桟が通りますから隠れます。

表側から見たところ。
格子の幅が少し広すぎます。1.5ミリ幅の板が有ればいいのですが無いのでこれで妥協します。

180.JPG

窓の下部には敷居が飛び出したような部分が有ります。

181.JPG

ここには降り込んだ雨水を排出する樋が取り付けてあります。
全体図ではよくわからないのですが、正面中央の破風板を見ると、凹型の樋で有ることがわかります。これは銅板でできていたということです。

182.jpg

183.jpg

しかし、今有るコンクリート造りの天守閣には水抜きの樋が有りません。
模型の場合幅2ミリしか無いので樋まで表現する事ができませんので、現在の天守閣と同じ形にします。

184.jpg

これで壁一面の表面が完成しました。
あと三面作った後、裏面を作ります。

コンテンツ配信