ブログ

投稿の仕方

サイト管理者さんのユーザアバター
neko01.JPG

「ブログ」にカーソルを移動し、「マイブログ」をクリックします。

 「新しいブログエントリの投稿」をクリックします。

 「タイトル」と「本文」を入力してください。

 本文ボックスの下に、

 「入力書式」
 「イメージ」
 「ファイルの添付」
 「保存」
 「プレビュー」

 と並んでいます。

 画像を添付する時は「ファイルの添付」をクリックし、「参照」で画像を選びます。「添付」をクリックし、「しばらくおまちください」が消えたら添付完了です。大きな画像だと添付できませんのでアップする前に縮小しておいてください。

 このブログに添付できる画像サイズは、460x800 ピクセル以下です。それを超えた画像は、

「許容された最大画像サイズ 460x800 ピクセルの範囲内に収まるよう、画像のサイズが変更されました」

 と表示され、縮小されて保存されます。

 ファイル名を特に表示しなければならない場合以外は、「リスト」のチェックをはずしてください。

 画像をどの位置に配置するかは、「イメージ」をクリックすると、表示モードが出ますので、選択してください。

 この猫の画像は、イメージの表示モード「左にフロート」で作って有ります。文章の上に画像が浮かんでいるようなイメージになります。「右にフロート」なら画像は右に表示されます。単なる「左寄せ」の場合は、まず画像が表示され、その下に文字が表示されます。画像の横に文字を持ってきたい場合は「フロート」を選んでください。ただし、画像の大きさが幅460ピクセル以上だと、文字を書くスペースがありません。

 画像を文章の上では無く、下に持ってきたい場合は「ボトム」を選んでください。
 「img:xx」は「もう一工夫」で説明します。
 
 なお、修正は、タイトルをクリックして「編集」をクリックします。文章以外にも添付ファイルの削除、新たな添付、イメージの位置選択など、新規に作る場合と同じ操作でできます。

 最後に「保存」をクリックするのをお忘れ無く。

もう一工夫

サイト管理者さんのユーザアバター

 写真と文章が1つしか無い、あるいは、1つの文章に数枚の写真と言う場合は簡単ですが、文章と写真を交互に掲載したいと言う場合は、ちょっと工夫が必要です。

 「イメージ」の「表示モード」の「img:xx」タグを使います。

img.jpg

 

 そして、

 文章1

 「img:1」

 のように書きます。1番目の文章の下にイメージ1番の写真が掲載されると言う事になります。
 

 文章2

 「img:2 align=left」
 「img:3 align=right」

 と書くと、2番目の文書の下にイメージ2番の写真が左寄せで、イメージ3番の写真が右寄せで掲載されます。
 
 ここでは第一カギで説明していますが、書く時は、半角小文字の角カッコを使います。キーボードの「Enter」キーの左に有るはずです。

 では、「img:xx」タグで作ったブログです。

 

 散歩道で友達になったコサギ君です。

 
 何も指定しないと文章のすぐ後に写真が表示されます。
 ちょっと字が小さいので、上のタイトル、「散歩道で友達になったコサギ君です。」を大きくしてみました。
 最初に<h3>、終わりに</h3>を付けます。
 ここでは全角文字で書いて有りますが、実際には半角小文字で書いてください。
 <h3> 散歩道で友達になったコサギ君です。</h3>と書きます。
 <h1>にすると、下のような感じになります。数字が小さくなるほど大きな文字になります。
 なお、<h3>では無く、<font size="5"></font>のような書き方も有ります。
 色を付けるのは、<font color="0000ff"></font>のようにします。簡単な説明は、インターネットのWebサイトなどをご覧ください。(色コード#0000ffで書きました)

 

散歩道で友達になったコサギ君です。

s1.jpg

 
 
 
 何も指定せずに書くと行間が狭い感じになります。ちょっと広げたい場合、全角のスペースをひとつ入れてください。2行目と3行目の間に1行スペースをいれました。次の写真との間は3行のスペースが入っています。(色コード#990000で書きました)

 

 獲物を真剣に狙っています。
 なかなかめぼしい獲物が見つかりません。

 待つこと、1時間。

 
 
 

s2.jpg

 
 

 
 文章と写真の間に何も指定しない場合です。
 文章のすぐ下に写真が表示されます。(色コード#ff0000で書きました)

 

  よし、今だ!

s3.jpg

 
 
 

 
 縦長の写真なので、左に表示の命令を使いました。「img:4 align=left」と書きます。
 (色コード#006699で書きました)


 

 ゲット\(^^)/

s4.jpg

 

 
 今度は、右に写真を表示してみました。なお、左右に表示できるのは、幅が460ドットより少ない場合です。460ドットより大きいと左右の指定の意味が無くなります。
 「逃がさんぞ」を写真の上に表示したかったので、文字の前にスペースを入れて調整しました。(色コード#006633で書きました)

  

             逃がさんぞ

s5.jpg

 
 
 

 うっ! 大きすぎて飲み込めない(T_T)

s6.jpg

名古屋城木造天守閣模型を作る(21)

悟空さんのユーザアバター

破風の間の位置決めをします。
武者走り上の梁に土台を造り4本の柱を建て、床をおきます。

21-1.JPG

消失前の写真です。
東面・西面の千鳥破風の内部です。
武者走りから階段を降りて入ります。

21-2.jpg

これは、北面・南面の千鳥破風の内部です。
窓際は左右に伸びています。

21-3.jpg

武者走りから降りるための階段を付けます。
最初は破風の間の壁も作るつもりでしたが、他が柱だけで壁が無いので床だけとしました。

21-4.JPG

2階の屋根は実寸では8メートルほどもある大きなものです。
わずかに反っています。
1階の屋根のようにヒノキ棒を切って張り付けるだけなら簡単ですが、この反りが無いとゴツい屋根になってしまいますので、反りを作ります。

名古屋城総合事務所蔵 昭和実測図より

21-5.jpg

1階の屋根は5ミリ幅のヒノキ棒でしたが、2階の屋根は1センチ幅のヒノキ棒から切り出します。

21-6.JPG

屋根材を張り付けていきます。

21-7.JPG

名古屋城木造天守閣模型を作る(20)

悟空さんのユーザアバター

2階の屋根は大きいので、武者走り上の梁に柱を立て、横木を渡して支えを作ります。
屋根を支える部分を母屋(もや)と言うらしいです。

梁の上に立つ柱は細すぎて接着剤だけでは立ちません。
2ミリ幅、厚さ1ミリのヒノキ棒の先端を釘の先端のように削り、梁に1ミリの穴を開けて模型用の小さな金槌でたたき込みます。
細い棒ですので、慎重にたたき込まないとすぐに折れてしまいます。

20-1.JPG

立てた棒を2ミリ幅、厚さ1ミリのヒノキ棒でサンドイッチします。奥より1ミリ低い位置に手前の棒を接着します。

20-2.JPG

柱と柱の間の隙間を埋め、余分な部分をカットして完成です。

20-3.JPG

屋根材を乗せる準備ができました。
すぐに屋根を乗せたいところですが、破風の中には部屋が有りますので、先に部屋部分を作っておきます。

20-4.JPG

破風とは、写真の黒い三角の部分です。

20-5.jpg

破風の中はこうなっています。
これは現在のコンクリート天守閣に展示されていたカットモデルです。

20-6.jpg

名古屋城木造天守閣模型を作る(19)

悟空さんのユーザアバター

2階の柱で使ったホゾ穴は3階では半間分ずれているので使えません。
ここは埋めてしまいます。

19-1.JPG

3階外回りの柱を作ります。
1階、2階の柱と違ってホゾが有りません。

19-2.JPG

5ミリ角の断面しか無い柱は、接着剤でくっつけてもすぐに外れてしまいます。
釘隠しを作った真鍮釘の残りを埋め込んで画鋲のような形を作ります。
これだけで柱が外れる事は防げます。

19-3.JPG

ホゾ組をしないので柱を立てても不安定です。
上端の位置を揃えてクリップで止め、接着が完了するのを待ちます。

19-4.JPG

武者走り上の梁を作ります。
3枚の板を貼り合わせ、形を整えます。

19-5.JPG

整形前の梁を取り付けて長さに過不足が無い事を確認。
これは一旦取り外し、形を整えて、2階の屋根が完成したら接着します。

19-6.JPG

模型を作っていると、資料をいろいろ調べる為に、今まで知らなかった事とか、誤解していた事がわかってきます。

天守閣には殿様の居室は無く、柱と引き戸ばかりで巨大な倉庫のようなものだということがわかりました。
現在天守閣の木造復元が計画されていますが、完成したばかりの時は大勢の人で混雑するでしょうが、どの部屋を見ても同じ造りで、しかもがらんどうですので、リピーターは少ないのでは無いかと思います。

殿様は、天守閣では無く、本丸御殿で暮らしていたとばかり思っていたら、実は本丸御殿は江戸の将軍のために建てられたもので、尾張の殿様は二の丸御殿に住んでいたそうです。
どうりで復元された本丸御殿を見た時に生活感を感じなかったわけです。

2階以上の屋根の上に破風が乗っていますが、単なる飾りでは無く、中に部屋が有ります。
作業工程がひとつ増えてしまいました。

名古屋城木造天守閣模型を作る(18)

悟空さんのユーザアバター

武者走り上の梁を取り付けました。
次は3階の外回りの柱、2階の屋根、3階武者走り上の梁という順序で進んでいきます。
2階の屋根の上には破風が乗りますので難しくなります。

18-1.JPG

江戸城を木造復元しようという計画があります。
2013年に発表がありましたが、その後あまり進展が見られないようです。
皇居の中に建築という事がネックなのでしょうね。
江戸城天守を再建する会の軸組パースは参考になります。

名古屋城木造天守閣模型を作る(17)

悟空さんのユーザアバター

1階屋根を支える梁を着けます
本来は武者走りの上の梁が外に飛び出している部分ですが、飛び出している部分だけを後から着けます。
接着面が小さすぎて、簡単に外れますので接着後に釘の芯を打ち込んで止めます。
釘の芯は、釘隠しを作るために頭の部分をカットした残りを使います。

17-1.JPG

屋根材を等間隔に接着するのは難しいため、写真のようなガイドを作りました。

17-2.JPG

こんな具合に並べていきます。

17-3.JPG

1階屋根が完成しました。
今までは箱が積み重なっただけで城のイメージが全く無かったのですが、屋根を着けると城の雰囲気が出てきました。

17-4.JPG

難しいのは、角の反りの部分です。

17-5.JPG

角の反りを下から見たところ。

17-6.JPG

上から眺めて見ました。

17-7.JPG

次は武者走り上の梁の取り付けです。

名古屋城木造天守閣模型を作る(16)

悟空さんのユーザアバター

2階外回りの柱と1階屋根、武者走り上の梁を作ります。

16-1.JPG

武者走り上の梁は、3つのパーツを貼り合わせ、形を整えます。

16-2.JPG

2階の柱を立てる前に1階の窓を付けます。
本当は3本の格子がはめ込まれているのですが、省略形です。

16-3.JPG

地階明かり取りと2階出窓を作ります。

16-4.JPG

16-5.JPG

2階外回りの柱を立て、各パーツを張り付けます。

16-6.JPG

屋根は最後にまとめて付ける方針でしたが、梁を付けてからでは裏側からの作業ができなくなるので、梁を付ける前に1階の屋根を付ける事にします。

名古屋城木造天守閣模型を作る(15)

悟空さんのユーザアバター

5階まで到達しました。

15-1.JPG

5階まで上るためには、110段以上の急勾配の階段を上らないといけません。
1階は低いように見えますが、3.5メートル有ります。
2階、4階は6.5メートル。3階は7メートル有りますので、途中で息切れしそうです。

15-2.JPG

5階の部屋割りです。
12畳が4部屋です。

15-3.JPG

部屋の構造は1階から5階まで全く同じで、七尺一分四方をワンブロックとして、いくつかのブロックで一部屋を形作っています。
5階の部屋は6ブロックで一部屋です。
全ての階で部屋の周囲はほとんど引き戸です。壁になっている箇所はわずかです。
不思議なのは、5階の階段に接する部分も引き戸になっている事です。
昭和実測図を見ると、階段の降り口は引き戸ですから、引き戸を開けるといきなり階段になっています。
階段の周囲に欄干が有りますが、欄干に接する部分も引き戸です。
つまり、図面の下の部屋の引き戸を開けると欄干ですので、引き戸にする意味が有りません。

15-4.jpg

ちなみに、2階の階段周りの実測図を見ると、階段に接する部分は引き戸になっていません。

15-5.jpg

竹中工務店の再現CGでは、壁の部分は壁になっていますが、引き戸の部分は全て引き戸が取り去られた状態で表現されています。
5階は全て引き戸で壁は一つも有りません。

15-6.jpg

また1階に戻って、後回しになっていた柱その他を付けていきます。

名古屋城木造天守閣模型を作る(14)

悟空さんのユーザアバター

4階の武者走りより内側の柱です。
39本と、だいぶ少なくなってきました。

14-1.JPG

4階まで柱が立ちました。
階段がジグザグに上に伸びていく様子がよくわかります。

14-2.JPG

階段は、少し長めの踊り場を介して90度方向を変えています。
踊り場を長くしないと方向を変えた後の階段が上の梁にぶち当たってしまうからですね。

14-3.JPG

部屋割りです。
24畳が4部屋です。

14-4.JPG

コンテンツ配信