新しいメンバー

  • てる葉
  • ひらひら
  • やまべえ
  • リーフ
  • 武者

8・編集(ワードラップ)

 いよいよ編集の核心に入っていきます。T・エディタは一般のエディターと同じ感覚で操作できます。文字を削除したければ、DELキーまたは、BSキーを使います。前者は、カーソルより後ろの語を消します。後者は、カーソルより前の語を消します。文字を挿入したい場合は、カーソルのある位置に書けば、その位置の文字は、後ろへずれていきます。上書きをしたい場合は、INSキーを押して、上書きモードにします。テキストエディターやワープロを使っておられる方なら、何の抵抗も無く使える機能です。

 しかし、点字特有のルールから来る振る舞いに、最初はとまどう事もありますので、その点をお話ししましょう。

 1・《ワードラップ》

 点字ではひと固まりの語を途中で分割してはいけません。例えば、「空白」と言う語は、「くーはく」と、ひと固まりになっていないといけないのです。もし、行末のスペースが足りなくて、入り切らない場合は、「くーはく」全体を次の行に持っていくルールとなっています。T・エディタはこれを自動的に行います。これを「ワードラップ」と言います。

 実際に文章を入力してみましょう。

点字では本文は最初に2マスの空白を空け、3マス目から入力します。


 という文を入力してみます。

 以下のように入力していきます。

a22.jpg

 
 さて、「空白」の「くーは」まで入力した所で、行末に来ました。「くーはくを」まで入力するとどうなるでしょう? 以下のように、「くーはくを」が次行に送られました。これがワードラップです。T・エディタが自動的に行いますから、入力する人は文章が行末に入りきるかどうかを計算する必要がありません。これが点字板や点字タイプ等の場合、常に神経を使っていないといけません。

a23.jpg

 T・エディタは後で本文を修正した場合でも常に語の途中で途切れないようにワードラップを行います。注意しなければいけないのは、次の行を修正して、その語が前の行に入るだけの長さになる場合です。この場合は自動的に前の行に引っ張ってきてはくれません。

 「空白を」という文を「マスを」と修正したとします。以下のようになります。

a24.jpg

 ところが、「くーはくを」は前の行には入り切りませんでしたが、「ますを」は、ちょうど入る長さです。ところがT・エディタは自動的に前には移動してくれませんでした。この場合は、「2ますの」の後でDELキーを押して、次の行の「ますを」をその行に引っ張ってくる操作が必要となります。以下のようになります。

a25.jpg

 
 ところで、上の4枚の画像の中で、2枚文字が赤くなっている画像が有りますね。1枚目は行末の「は」が赤くなっています。これは、「私は」は「わたしわ」になるように「は」を「わ」と書く事が有るので、そのケースでは有りませんかと注意を促しています。3枚目の3行目の「ますを」の「ま」が赤くなっているのは、前の行に収まるんじゃないですか?と注意してくれています。
 
 T・エディタで文字が赤くなる場合は、何か変と言う時ですが、必ずしも間違いと言う事では有りませんから、1枚目の「は」は「わ」に変えてはいけません。

 2・《点字は2マスで1語の場合がある》

 点字は6個の点で文字を構成していますから、64個の文字しか表現できません。これではとても足りないので、2マスの組み合わせの文字を作らざるをえません。基本は仮名の50音ですが、これに数符や、外字符等を組み合わせて、英数字も表現できます。他に記号類も2マスを使っているものが多くあります。
 T・エディタはこのような事を意識せず、数字を書けば、数符を、アルファベットを書けば外字符を補ってくれます。大文字のアルファベットを書けば、大文字符も補ってくれます。文章を入力するだけであれば、2マスを使用している文字かどうかなど全く意識する必要はありません。ところが、編集で文字を削除したり、挿入したりするとなると話が違ってきます。上の画像の「2ます」、「3ます」の所を見てください。その前に数符が付いていますね。「2ます」を「ふたます」と変更したい場合、「2」だけを「ふた」に変更すると、数符だけが残ってしまいます。忘れずに数符も削除しないといけません。
 はい、ここでも文字が赤くなっていますね。数符の後ろに数字以外の文字が書かれているのでおかしいよと教えてくれています。
 点字では墨字1文字を2マスで書く場合が有る事を覚えておきましょう。

a26.jpg

 

コンテンツ配信